クレジットカードの使い過ぎについて

クレジットカードほど便利なものもそうそうあるものではありません。
何せ、現金を持たなくても後払いで利用できまますし、海外に行った際には、面倒な換金せずともいつでも利用できます。
さらに、利用すると、それに応じてポイントによるキャッシュバックがあったり、様々な補償機能がついていたりと至れり尽くせりというところです。

しかしながら、これほど便利の良いカードですが、あまりにも便利なため、使いすぎるという問題もあります。


これにより、借金問題を抱えている人が多くいるというのも事実です。


つまり、自己責任が原則であるというのは言うまでもなく、利用の際にはしっかりと管理しておかなければならないのです。



自己管理や資金管理がしっかりしていてこそ、クレジットカードを最大限に有効に利用できることになるのです。
最近では、この問題点に対応するものとして、クレジットカード会社が提携するする銀行の発行するデビットカードが人気を呼んでいます。



デビットカードの場合には、銀行口座残高の範囲内でしか利用できませんので、クレジットカードの最大の問題点である使いすぎるということがありません。
デビットカード自体は以前より存在していましたが、利便性が低いということで普及することはありませんでした。

しかし、最近のものは利便性が高くなり、ほとんどのケースで利用できるようになっています。


借金するかしないかという問題もありますが、現状としては、サービス内容としてはクレジットカードのほうが上回っていますが、使いすぎてしまう問題のある人は、試してみる価値のあるカードです。



Copyright (C) 2016 クレジットカードの使い過ぎについて All Rights Reserved.