クレジットカードの申込み

クレジットカードの申込みは誰でもできるわけではありません。

クレジットカードを申込むとその後には審査があり、審査の結果によっては発行されないこともあります。

では具体的に、どんな人がクレジットカードの審査に落ちることになるのでしょうか。

一つは無職の人です。
基本的に無職の人はカード会社の審査に通りません。
クレジットカードはその人の買い物代金を立て替えていることになるわけで、ある意味ではその人にお金を貸してあげているのと同じです。
無職の人にお金を貸しても返ってくる見込みはまずありませんから、審査にも通らないということになるのです。では仕事をしていれば問題ないかというとこれもそう簡単にはいきません。



アルバイトやパート程度の収入ではかなり厳しい結果が容易に予想されます。
とくに、収入の絶対額が低い人、毎月だいたい同じレベルの収入があるわけではなくばらつきの多い人、現在の勤務先での勤務年数が短い人というのは覚悟を決めておいたほうがよいかもしれません。
ではそれなりの収入のある定職に就いていれば問題はないかというと、意外なほどにつまづく可能性があるのが、これまでのカードローンなどの返済歴に問題のある人です。


はっきり言えば返済に遅れたことのあるような人で、そのような人は全て信用情報機関に登録されていますから、申込まれたほうはそこに照会することですぐに分かるようになっています。



そういう意味でも、カードの支払いには遅れないようにする必要があります。



Copyright (C) 2016 クレジットカードの申込み All Rights Reserved.