クレジットカードショッピング枠の現金化

クレジットカードショッピング枠の現金化といっても、その実態としては様々な方法があります。

一見すると全く別の利用方法に見えることがあるかもしれませんが、どの方法であっても、利用者側から見れば、クレジットカードのショッピング枠を利用することと、利用した金額には満たない額の現金を受け取れることは同じです。



一方で、ショッピング枠を利用してどういう商品を買うか、どこで買うか、インターネットか実際の店舗か、あるいはどういうお店で現金を受け取るのか、何らかの商品が利用者の手元に残るかどうかといったことは、現金化ということの本質から見ればあまり関係はありません。

本質には関係はないのですが、ここに書いたことからも分かるように種々の方法が存在する余地があり、そのために一見すると全く別の利用方法に見えることもあるのです。
途中の状況はともかくとして、クレジットカードのショッピング枠を利用し、利用した金額には満たない額の現金を受け取るという、結果としてこのような状態になるものは全てクレジットカードの現金化だと考えて間違いありません。



当たり前のことですが、現金化とはカードから現金が湧いてくるようなものではありません。



カード利用代金は後日しっかりと自分に対して請求されることになるのです。

現金化を利用したとしても、自分は利用代金には満たない額の現金しか受け取れていないのですから、明らかに一時しのぎにすぎないことが分かります。

Copyright (C) 2016 クレジットカードショッピング枠の現金化 All Rights Reserved.