クレジットカードの不正利用に注意

クレジットカードは確かに便利なものではありますが、うっかりすると悪意を持った他人に利用されてしまい、金銭的な被害を自分が蒙る可能性もあります。

クレジットカードの利用方法、管理方法には気をつける必要があります。



まず基本的なこととして、カード裏面にはきちんとサインしておきましょう。



別に自分のサインである限りはどんなサインでも構わないのですが、できるだけ他人に真似のされにくい、個性的なサインであればそれに越したことはありません。

また、暗証番号は他人に推測されにくいものにするとともに、できれば定期的に変更するのが望ましいとされています。

当然ながら、他人に教えるとか、暗証番号を書いた紙と一緒にクレジットカードを持ち歩くなどは禁物です。

また、紛失したりしていないか定期的に確認し、また利用明細にもしっかりと目を通すようにしましょう。定期的な確認という意味では、ほとんど利用していないようなカード、引き出しの奥に眠っているようなカードは解約するのも一つの方法です。

カード枚数があまりに多くては誰でも管理は大変です。
昔はせいぜいこの程度の注意点で十分だったかもしれませんが、今では不用意にカードそのものを他人に見せる、渡すようなことにも気をつける必要があります。



ネットショッピングなどをしたことのある人なら分かるでしょうが、ネット上ではカードそのものが無くても、券面に記載された番号などのデータさえ分かっていれば利用できてしまうからです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの不正利用に注意 All Rights Reserved.