クレジットカードのリボ払い

クレジットカードの支払い方法にはいろいろな種類があり、その中にはリボ払いと呼ばれるものがあります。これは一種の分割払いなのですが、クレジットカードで購入した商品の金額と、毎月の支払い金額とが必ずしも比例しないのが特徴です。


これはどういうことかというと、1回払いであれ普通の分割払いであれ、クレジットカードを使って買い物をすると、その購入代金に応じて毎月の支払いが生じます。



説明するまでもなくごく当たり前のことで、1回払いであれば商品代金をそのまま支払うことになりますし、2回の分割払いであれば半額ずつを支払うことになります。

分割回数によって毎月の支払い金額が異なってくることにはなりますが、同じ分割回数である以上は、高い買い物をすればするほど毎月の負担も大きくなります。

これは厳しいように見えますが当たり前のことで、高い買い物をすればするほど毎月の支払いが苦しくなるから、支払える範囲内で買い物をしようという動機が生じる意味では極めて重要なメリットとも言えるのです。

ところが、リボ払いの場合はこのような動機が薄くなる可能性があります。

いくら高い買い物をしても、毎月の支払額はほぼ一定で、高い買い物をしたからたくさんのお金が出て行くという極めて当たり前の結果が生じません。



毎月の支払額はほぼ一定であり、高い買い物をした場合には支払いの月数が延びることで埋め合わせされるのですが、人間というものは浅はかな生き物で、その場その場の支払い金額には心を奪われるものの、何ヶ月も何年も先のことにはあまり気が回らないものなのです。



Copyright (C) 2016 クレジットカードのリボ払い All Rights Reserved.